FRANK LEDER

フランクリーダーはロンドンのセントマーチン美術学校在学中の1999年よりコレクションを始め、その新しい提案性と個性あるコレクションは独特の存在感を放ち、2002年よりベルリンへと拠点を移しました。コレクションの根底には本物であり簡潔なドイツ文化と歴史の表現があり、ドイツ社会の中で生きる様々な人達とその背景をテーマに、歴史に基づいた現代的なアプローチをしています。

HARRIS WHARF
LONDON

2009年ロンドンにて設立。ジュリア・アキアルディと弟のアルド・アキアルディによる、コートやジャケットをメインとしたブランド。熟練の職人から生まれるシルエットの緊張感とは裏腹に、切り放しの生地・アウトステッチなどのディティールによってカジュアルさを備えています。裏地がない事も大きな特徴であり、それによって生まれる軽く柔らかな着心地に定評があります。

C6

1894年アイルランドのドネガル地方で創業した老舗カスタムシャツメーカー。クラフトマンシップ溢れる物作りに対する真摯な姿勢は、創業から今日まで変わらず受け継がれています。オリジナリティ溢れる特徴的なサイドのマチには、創業の地にちなんだ「アイリッシュグリーン」が使われています。

James Mortimer

2012年イギリスにてスタートしたバッグブランド。ラップトップコンピューターやタブレット等、現代生活に欠かせない様々なデジタルツールの収納に特化した多機能さが特徴です。デジタル機器の保護に優れた機能をもちながら、都会的で洗練されたデザインは、常に注目を集めています。

Paraboot

「全ての製品に本物の信頼性と高い品質、そして魅力を」Parabootの創業者レミー・リシャールポンヴェールは、1919年アメリカ滞在から一足のラバーで覆われたブーツと共に帰国。このブーツが後に、ブラジルの「PARA港」から直輸入された天然ラテックスを使用し、ラバーソールを生産するというアイデアを彼に与えました。今現在も厳しい基準の元、フランスで作り続けられています。

INDIVIDUALIZED
SHIRTS

1961年マンハッタンの対岸に位置する静かな街、ニュージャージー州パースアンボイに創業。アメリカの古き良き時代のシャツづくりを今なお続けている数少ないファクトリーです。顧客リストには歴代大統領、俳優、スポーツ選手といった著名人が数多く名を連ね、全米のカスタムメイドシャツの製造販売では一番のシェアを誇ります。また、トランクショーでは、自身の好みに合わせたカスタムが可能です。

LEVI'S VINTAGE
CLOTHING

LEVI'Sを代表する「501」を始めとした、長い歴史の中で生み出された数々の名品を史実に基づき忠実に復刻したプレミアムライン。使用されているデニムは、Made in U.S.Aを中心に当時使用されていた織り機で再現しています。ジーンズの原点を伝え続ける数少ないブランドです。

ALDEN

Made in U.S.Aを代表するブランドであり、古き良きアメリカのクラフトマンシップを今もなお守り続けている数少ないシューズメーカー。問題のある足でもきちんとフィットするように開発された独自の製法など、長い年月の中で培われた技術力は、確かな履き心地と快適さを約束してくれます。

newbalance

1906年アメリカのボストンで創業以来、常にユーザーの履き心地を考えたモノづくりを考え、最高のフィット感を目指してきたnew balance。様々な足の形に対応した豊富なサイズ設定は多くのランナーの足元を支えています。また、ファッション分野でも高い人気を誇り、歴史に残る名品番の復刻は常に注目の的になっています。

JILL PLATNER

デザイナーであり、サーファーでもあるN.Y.在住の女性ジル・プラットナー。海や風といった自分を取り巻く様々な自然環境をモチーフにした多くの作品は、ナチュラルでありながらモダンな雰囲気を漂わせ、流行に左右されない魅力に包まれています。また、デザインの大きな特徴としてシルバー925と共に使用されているゴア社が開発した特殊繊維「TENARA」は、耐久性に優れているためじっくりと使い続ける事が可能です。

THE LAUNDRESS

2004年NYでスタートしたファブリックケアのスペシャリティブランド。ドライクリーニングを一切使用せず大切な服を自分で洗い、ケアすることが「ザ・ランドレス」のテーマです。全ての製品は成分に石油系原料をしようせず植物性原料を使用。素材に合わせたこだわりの製品が特長で、洗った後の排水は自然分解され、100%自然に帰ります。

INCOTEX

1951年イタリアでパンツ専業ブランドとして創業。上質な素材と高い縫製技術力は、他に類をみない計算しつくされた美しいシルエットを生み出し、カジュアルからビジネスシーンまでカバーできる数多くのパンツは、世界中で常に高い評価を得ており他のパンツブランドの追随を許しません。

TEATORA

働く人のためのワークウェアがコンセプト。様々なガジェットが収納可能なジャケットや、デスクワークで快適に過ごすことを前提につくられたパンツは、人間工学に基づいてデザインされています。使用している素材は機能面に優れたハイテク素材を使い、ミニマルでシックなデザインは、都会的で洗練された雰囲気をもっています。

AURALEE

2015年春夏よりスタート。「自分達が思う本当に良い素材を提案する事・その素材を使い上質な軽さを表現する事」がコンセプト。様々なブランドで経験を積んだデザイナーは、素材作りからがデザインと考え、高い技術に裏打ちされた日本屈指の生産背景で素材を作りこんでいます。シンプルに素材の良さが感じられる、上品な軽さが特徴です。

MANIERA

MANIERA は2005年よりブランドをスタート。国内のセレクトショップを皮切りに現在ではアメリカ、香港でも展開。デザイナー彦坂尚史氏は、帽子メーカー等数々のブランドのデザインを手掛けてきました。帽子の職人とでも言えるデザイナー自身が「帽子は主役になれない」と断言します。そして、「良い帽子とは?それを自問自答し、答えが出た。洋服があって小物がある。主役はやはり人間自身。だからこそ帽子を製作するMANIERAは名脇役でありたい」と語っています。

BONCOURA

デザイナーの森島氏はある日突然20年以上勤めた会社を辞め、モデルに転身。また古着キュレーターとしても活動の場を広げたのち自身のブランド「BONCOURA」を立ち上げます。幼少期に踏み入れたヴィンテージの世界に魅了され、多くの洋服に触れてきた深い知識を元に作り上げたジーンズは、糸の選択から染色方法、生地の織り方、パーツの選択まですべて氏のこだわりが詰まった一本になっています。

KENNETH FIELD

ブランドコンセプトは、「For New TRADITIONALIST」。デザイナー自身が経験した80年代以降のアメリカントラディショナルクロージングを中心に、1900年代初頭からの様々な国、地域の歴史的背景を紐解き、現代的なデザインに落とし込んでいきます。ブランドのアイコンとなるグルカパンツやネクタイなど、他のブランドと一線を画すオリジナリティ溢れるアイテムが特徴です。

Scye

「Scye」とはテーラー用語で"袖ぐり"、"鎌"の意味を表しています。英国クラシックをベースにした高いテーラリング技術と現代的な視点から様々な要素を加え、再構築したリアルクローズを提案しています。また、素材やカッティング、内部構造にまで配慮したScye独自のベーシックアイテムを展開するラインが「SCYE BASIC」です。

Sanca

ブランドとして明確なテーマは設けていませんが、ディレクター自身が着たいと思う物、提案したいスタイルを表現しているブランド。キーとなる部分として「Made in Japan」と「古い物と新しい物との融合」の二つを掲げており、日本が持つ高い縫製技術と素材背景の良さを、現代的なシルエットとテイストを持つアイテムで伝え続けています。

A VONTADE

コンセプトは「古き良きアメリカ・ヨーロッパのワーク・ミリタリー・スポーツを感じさせる素材・縫製技術・ディティールをソースに現代に合うシルエットやデザインへの再構築」。モノの持つ匂いを活かす事を第一に考え、それに見合った素材作り・縫製技術・パーツを当て込んだミニマルなデザイン+αで、トレンドに左右されないワードローブに残る物作りを目指しています。

HAVERSACK

FilMelange

2007年東京で生まれた、最高品質のカットソーを生み出す作り手。「フィルメランジェ」とは、「混色の(Melange)糸(Fil)」という意からできた造語であり、物作りにおいての原点である素材を大切にした、出来る限りシンプルな発想と姿勢で着心地にこだわったアイテムを提案しています。

BRIEFING

1998年にミル・スペックに準拠した真の

KICHIZO

鞄業界に多大な影響と功績を残し、長年に渡りヒットアイテムを世に送り出してきた吉田克幸氏と吉田晃務氏。日本のモノ作りの原点に返り、少しずつ途絶えようとしている伝統文化や職人の高い技術を世に伝えて行きたい。そんな思いから生まれた「KICHIZO」は、素材から縫製までMade in Japanにこだわった、品質・機能性・デザイン性を兼ね備えたバッグを作り続けています。
PAGE TOP